ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、もともと人間の身体の中にある物質です。
ムコ多糖類というネバネバした物質で、ヒアルロン酸1gで約6リットルの水分を蓄えることができると言われています。

このヒアルロン酸は、細胞と細胞の間にあって体内の水分を保ち、肌の保湿や弾力を保つ働きをしたり、関節のクッションの役割をしたりしています。
ヒアルロン酸の働きによって、肌のシワやたるみが予防できるのです。

それだけでなく、老眼や眼精疲労を改善したり、卵巣の働きを助けて更年期障害の改善などにも効果をあらわします。
ヒアルロン酸は、生まれた時から人間の体内にあって、20代を境に徐々に体内から減り始めます。

40代になると赤ちゃんの半分くらいの量にまで減ってしまい、60代では赤ちゃんの4分の1にまで減ります。
そのため、年を取ると肌のハリやツヤがどんどん失われていって、乾燥しやすくなるのです。

肌だけでなく、動脈硬化や関節痛といった病気になりやすくなるのもヒアルロン酸が減少することが原因となっています。
ヒアルロン酸は、肌にハリやツヤを与える働きのあるコラーゲンやエラスチンとも大きな関係があります。

ヒアルロン酸が減ってくると、身体の中のコラーゲンに影響を与え、それに伴ってエラスチンも減少します。
逆にコラーゲンが不足してくると、いくらヒアルロン酸があっても保水力が衰えて来てしまい、肌の潤いがなくなってきてしまうのです。

そのため、ヒアルロン酸とコラーゲンはどちらか一方だけ取り入れしなようにして、どちらもバランスよく体内に取り入れるようにすることが大切です。



≪Special Link≫
肌のハリを取り戻すヒアルロン酸注入が受けられる大阪の美容皮膚科のサイトです ⇒ 大阪 ヒアルロン酸注入